粕屋南病院について

当院の特徴をご紹介します。

看護部について

nursing department

粕屋南病院の看護部では、全ての看護スタッフが『一人ひとりを大切に、優しさと思いやりのある看護・介護をおこないます』という看護理念のもと、常に患者さんの立場に立って物事を考え、質の高い看護を提供し続けられるよう日々努力しています。
各人の看護スキルを高める様々な研修や学会への参加、培った知識をきちんと伝える新人研修教育や現任教育。何よりも患者様のことを考え、その中で看護スタッフも仕事へのやりがいを感じ、大きく成長できる環境をつくっています。

看護部長ご挨拶

“人間らしく・その人らしく”

私たちはそれぞれの人生をひたすら懸命に生きてこられた患者様方が快適な療養環境で安全・安心・納得の医療を効果的に受けながら、毎日尊厳をもって穏やかに「人間らしく・その人らしく」過ごしていただけるよう、やさしさと思いやりのケアを提供し、支援していくように努力しております。これまでの学びを生かし、看護にじっくり取組んでみませんか? また、看護スタッフも仕事にやりがいを感じながら、それぞれの自己実現(子育て・介護・学生・主婦・趣味・資格取得・専門職…)に向けてひたむきに頑張れるよう支援しながら、働きやすい職場つくりを心がけております。『患者様の笑顔が自分の笑顔』を実践し、やりがいを感じられる働きやすい職場をいっしょにつくっていきましょう。

看護部長 村山 千幸

理念・目標

看護部理念

一人ひとりを大切に、優しさと思いやりのある看護・介護をおこないます

全職員は医療に携わる者として患者様の尊厳を理解し、より安心・安全な医療・看護・介護を行ないます。

行動理念

患者様の痛み・苦しみを理解し
優しさの心で行動します

看護部目標

  1. リスク感性を高め、安全で安楽な看護の提供
  2. 継続的な接遇改善に取り組み患者満足を高める
  3. 実践に基づく教育プログラムの充実
  4. 自己レベルアップのための研修参加
  5. 風通しのよい働きやすい職場づくり

組織・体制

病 棟 早出 7:30~16:00(休憩60分)
日勤 9:00~17:30(休憩60分)
遅出 10:30~19:00(休憩60分)
夜勤 17:00~9:30 2交代(休憩仮眠120分)
透析室 早出 7:30~16:00(休憩60分)
日勤 9:00~17:30(休憩60分)

取組み・研修

看護部の取組み

看護の質の向上を目指し、スタッフ全員参加で様々な取り組みをおこなっています。

看護部の研修

患者様とのふれあいのなかエキスパートを目指し、看護師としてのスキルを高める様々な院内研修をおこなっています。(希望する研修を優先的に受講。また、看護協会入会の際の助成金支給・出勤扱いで研修費・昼食費・交通費支給などスキルアップに必要な優遇措置があります。)

看護研究発表会

当院では毎年恒例として開催している看護研究発表会。今回で28回目となりました。看護場面の現象を、科学的根拠・理論に基づき検証できる能力を養うことをねらいとしています。臨床実践における探究心を大切にし、それを理論的に検証することに取り組み、その過程を共有するために、看護師・看護助手合わせて8テーマ、全病棟が参加しました。

看護学会

日常的な看護実践の中から、培った科学的根拠・理論に基づいた研修を各種の透析・看護学会などで発表しています。

研修教育

新人研修教育 (入職して最初に行われる研修で1週間受けます)

  • 看護部の組織説明、接遇
  • 高齢者看護教育(認知症患者とのコミュニケーション、摂食嚥下訓練等)看護技術
  • 医療安全(KYT、ヒヤリハット)、ハイリスク薬教育
  • 約1週間後より病棟でプリセプターのOJTにより看護技術を実践する
  • 3ヶ月間はプリセプターとマンツーマンで業務の流れと知識・技術を身につける
  • 3ヶ月目に新人とプリセプターとの全部署合同のカンファレンスを行い、悩みや不安なことを話し合い、次へのステップとなるように支援する
  • 4ヶ月以降に先輩ナースと共に見習い夜勤をする
  • 6ヶ月以降に個人差はあるが、夜勤責任者のサポートを受けながら夜勤を行う

現任教育

看護理念に沿った質の高い看護を提供する為に、自ら成長しようとする看護師の育成を目的とした教育です

  • 薬剤教育:偶数月(ミニテスト形式で自分の習得状況がわかります)
  • リハビリ研修:奇数月(安全なトランスファー・座位保持訓練・職員の為の腰痛対策) 各部署で事例展開によるシミュレーションをリハビリスタッフの指導により実施
  • 救急セミナー:毎月1回 異常発見~蘇生までの過程、蘇生モデル人形を使用してシミュレーションを実施
  • 安全管理・感染対策・褥瘡・循環器・摂食嚥下訓練・透析室実習を実施
ページトップに戻る