ご挨拶

病院長 玉井 収
私ども粕屋南病院は「患者様の立場に立ち、思いやりのある 全人的医療を行う」という基本理念のもと、 医療に取り組んでおります。また、全体目標として接遇の向上、情報化への対応、禁煙の徹底を掲げ、時代に適応した病院であり続けるよう日々努力しております。病院開設以来、長期にわたり地域の皆様、病院・医療の先生方に温かく見守っていただき、 大変感謝しております。これからも、より良い医療を提供できるよう努力していく所存でございますので、よろしくお願い申し上げます。

病院長 玉井 収

基本理念

患者様の立場に立ち、思いやりのある全人的医療を行います

患者様に満足いただける質の高い医療・看護・介護を提供できるよう努力を続けることで、地域の皆様のお役に立ちたいと考えています。

行動理念

患者様の痛み・苦しみを理解し優しさの心で行動します

全職員は医療に携わる者として患者様の尊厳を理解し、より安心・安全な医療・看護・介護を行ないます。

基本方針

  1. 患者様の人権を最優先し、納得していただける医療を提供します。
  2. 御家族に安心していただくために最大限の努力をします。
  3. 医療、看護、介護技術の向上と施設の充実に努力します。
  4. 病状のわかりやすい説明と必要に応じた医療、保健、福祉情報を提供します。セカンドオピニオン(専門病院医師への紹介)にも積極的に取り組みます。
  5. 地域住民の方々の健康維持に役立つ努力をします。
  6. 職員は笑顔を忘れず、社会人として良識のある行動をとります。

職業倫理

当院職員は、医療人としての職責の重大性を認識し、基本理念及び基本方針に基づき、職務にあたります。

  1. 医療を受けるすべての人に対し平等に医療を提供します。
  2. 人権を尊重し、やさしい心で接するとともに、医療内容についてよく説明し、納得していただけるよう努めます。
  3. 職業の尊厳と責任を自覚するとともに、生涯学習の精神を保ち、医療の知識と技術の習得に努めます 。
  4. 守秘義務を遵守します。
  5. 医療の公共性を重んじ、医療を通じて 地域社会の発展に尽くします。
  6. 互いに尊敬し、協力して医療に尽くします。

患者様権利章典

  1. だれでも、どのような病気にかかった場合でも、良質な医療を公平に受ける権利があります。
  2. だれもが、一人の人間として、その人格、価値観などを尊重され、医療提供者との相互の協力関係のもとで医療を受ける権利があります。
  3. 病気、検査、治療、見通しなどについて、理解しやすい言葉や方法で、納得できるまで十分な説明と情報を受ける権利があります。
  4. 十分な説明と情報提供を受けたうえで、治療方法などを自らの意思で選択する権利があります。
  5. 自分の診療記録の開示を求める権利があります。
  6. 診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られ、病院内での私的な生活を可能な限り他人にさらされず、乱されない権利があります。
  7. 研究途上にある医療に関し、目的や危険性などについて十分な情報提供を受けたうえで、その医療を受けるかどうかを決める権利と、何らの不利益を受けることなくいつでも その医療を拒否する権利があります。
  8. 良質な医療を実現するためには、医師をはじめとする医療提供者に対し、患者様自身の健康に関する情報をできるだけ正確に提供する責務があります。
  9. 納得できる医療を受けるために、医療に関する説明を受けてもよく理解できなかったことについて、十分理解できるまで質問する責務があります。
  10. すべての患者様が適切な医療を受けられるようにするため、患者様には、他の患者様の治療や病院職員による医療提供に支障を与えないよう配慮する責務があります。

(都立病院の患者権利章典より)

 

粕屋南病院ではこの患者権利章典を尊重し医療・看護・介護を提供します。